HOME >> 歯科インプラントのすべて >> 顎の成長が終わるとバランスとり辛いとインプラントの専門医でも・

顎の成長が終わるとバランスとり辛いとインプラントの専門医でも・

img54

 

理由は,専門医からみても大人は顎の成長が

終わっていますが、インプラントとは違い子供は

顎が成長段階の為、その成長を利用する事で

 

上下顎の大きさや前後的な位置のバランス、

歯の大きさに対する顎の大きさのバランスなどを

コントロールすることが可能だからです。

 

顎の骨の適応能力が旺盛な時期である

6歳~11歳位までの間に行うと特に有効であると

実はインプラント 専門医 東京でも考えており、

東京の専門医も顔や顎の成長が終了してからでは

治らないような場合も多くあります。

 

インプラントの専門医では矯正治療の

必要性を判断するにはより専門的な知識が必要になるので、

東京学校検診などでは見過ごされてしま場合が多くあります。

 

お子様が小学校に入学された頃(8歳頃までには)一度、

インプラントの専門医のチェックを受ける事を薦めております。


インプラント・矯正歯科の歯医者のすべてへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。