HOME >> 歯科インプラントのすべて >> どんな治療にもインプラントの名医でも危険が孕む・

どんな治療にもインプラントの名医でも危険が孕む・

img56

 

しかしながら、これらはあくまでも機械的に

顎の骨に捻じ込まれていて、

それが止まっているだけなのであり、

細胞のレベルでくっ付いているというような訳ではないのです。

 

なのでこういった細胞レベルでくっ付くのに、

7週間とか4週間とか主張が生じる訳というわけなのです。

 

これは今まで述べたことをひっくり返して考えると、

要するに4~7週間の間は細胞ではしっかりと

くっ付いていない、そして機械的に捻じ込まれていても

その感覚がズッーと続く訳じゃないと言う事になるのです。

 

実際のインプラント 名医 東京でもそうだが、

機械的な捻じ込みは力でしっかりと

止まっているものでしかないのですから、

 

当然ながら力が掛かれば、骨が緩んでしまう

危険性をもちろん孕んでいるのです。

 

そして、そこにインプラントの失敗の最大の原因があるのです。

 


インプラント・矯正歯科の歯医者のすべてへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。