HOME >> 歯科インプラントのすべて >> コントロールして行なう喜多見の矯正歯科はしっかりと動く・

コントロールして行なう喜多見の矯正歯科はしっかりと動く・

img06

 

きになる事はたくさんあると思いますが、

矯正装置は目立つのでしょうか。

 

矯正歯科などでは患者さんすべてに、見た目で

目に付くような前歯にはしっかりと

透明な矯正装置をつけています。

 

好評なのですが、金属の装置にくらべて、

その耕地は比較にならないほど、まったく目立ちません。

 

もちろん、、ご希望によっては喜多見の矯正歯科など

では歯の裏側から行うような矯正装置いわゆる

舌側矯正もあるのです。

 

歯周病いわゆる歯槽膿漏になっても

通常通り矯正治療はできルの夏季になると思います。

 

まず、歯周病になっていても、患者さんと

共にその病態がしっかりとコントロールされていれば、

通常通り矯正治療は可能になるのです。

 

矯正治療で患者さんの歯を動かすことで、

歯周病で十分に破壊されたような骨や歯肉の形態を

しっかりと改善することも可能になるのです。

 

ですが、、たまにいらっしゃるのですが、

歯周病がうまくしっかりとコントロールされないままの歯を

矯正で動かすと歯周病でたくさん壊れかかった骨や

歯肉にとても悪い影響を与えるような危険もあります。


インプラント・矯正歯科の歯医者のすべてへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。