HOME >> 歯科インプラントのすべて >> アゴの成長を矯正歯科でも調節していく・

アゴの成長を矯正歯科でも調節していく・

im25

 

最後には、空隙いわゆるすきっ歯のかたも多いですね。

 

喜多見の矯正歯科でもいらっしゃるのですが、

隣合った歯の合間にすきまがとてもあることをいうのです。

 

患者さんの歯は隣の歯とつながってさらには、

連続性を持つことでかなりのお互いを支えあっているのです。

 

ですが、連続性がとてもたたれると歯の寿命に

とても影響をあたえたり、さらには発音にもたくさんの影響がでます。

 

なので治療をし、改善することが必要だと考えているのです。

 

皆さんの、あごの成長をしっかりとコントロールすると、

歯並びの悪い人の中には、上下のあごの骨の

しっかりとした成長に問題を持っている人が時々いらっしゃるのです。

 

それはたとえば出っ歯の人の場合では、上の前歯が

前にせりだしているだけではなく、さらには上あご自体が

患者さんのお顔の中で大きいために、顔の前に

歯が出ている様にとても見えるような場合があります。

 

そういった場合では、成長期の皆さんのお子さんなら

あごの骨の成長をきちんとある程度しっかりと

コントロールすることができるのです。


インプラント・矯正歯科の歯医者のすべてへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。