HOME >> 歯科インプラントのすべて >> 完治するまで矯正歯科で経過をみていく・

完治するまで矯正歯科で経過をみていく・

img26

 

インプラントの新時代がとても宣伝されますが、

新説にインプラントを理論的反論を敢えているのです。

 

即時のMI審美インプラントの治療の話なのですが、

今日は、週末なのでチョットなかなか危ないかな、

と言う話をお伝えしていきます。

 

ノーベルバイオケアーといわれるものの標榜しているのは

All-on-4、即時さらに侵襲、そしてグラフトレス等々への

理論的反論なのです。

 

今、痛まないような低侵襲や、GBRの骨造成もしないで、

しかもそれで即時で歯が入る、と言うような患者さんに

とってはその状態はもちろん理想に聞こえる過も知れませんが、

治療方法が特にノーベルの主導で大々的に本当に宣伝されおり、

その和泉多摩川の矯正歯科でも気になる治療のシステムなど

自体が売られています。

 

まず歯が痛まないというような低侵襲と言いますが、

なかなか聞き捨てなら無いのですがその実態は

患者さんの顎の骨をまったいらにしっかりと削るんですよ、

と言う事は実は殆ど伏せられているようなのです。


インプラント・矯正歯科の歯医者のすべてへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。